2021年8月 3日(火) 13:39 JST

【CuoreUp #083】呪術師は「言葉の力」で人を殺せるのか?

  • 2016年8月26日(金) 11:48 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 1,033

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆ 今回のCuoreUp

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今回のテーマは『呪術師は「言葉の力」で人を殺せるのか?』です。

本当に殺せるとしたら、実に恐ろしいですよね(汗)

情報化が進み様々な事象が科学的に検証されている、
そんな時代になってもなお、
呪術師が存在しているのも事実です。


唐突ですが、呪術師にまつわる話を、
超割愛版にて紹介させて頂きます。

 

「バンスと呪術師」という話です。

健康的には何も問題がないバンスは、
ある日、酒場で呪術師と喧嘩になってしまった。

呪術師は「臭い液体」をバンスにかけ、
「今、呪いをかけた」と告げ、
その場を立ち去っていった。

バンスは、その晩から具合が悪くなり、
激しい腹痛に襲われる羽目になった。

救急で運ばれるも、医者は完全にお手上げ状態。
腹痛の原因はまったくもって解らず、
そのまま入院したバンスは、
日に日に衰弱していった。

沢山の医者が入れ替わり立ち替わり、
診察を試みてはいたが、
依然として原因は解らず仕舞い。

バンスは繰り返される激しい腹痛に苛まれ、
体重は激減し、命すらも危うい状態となる。

ある日、地方の病院から回診に来ていた医者に、
バンスの妻は「呪術師の呪い」の話した。

話を聞いた医者は、幸いにも呪術の知識があった。

その医者はバンスに向かって言い放った。

「呪術師にかけられた臭い液体には、
トカゲの卵が混ぜられていて、
そのトカゲが孵化し、内臓を食い破っている。
今から、嘔吐剤でそのトカゲを出す。」

そして、おもむろに嘔吐剤を飲ませ、
バンスが嘔吐するのを待った。

数分の後、バンスが激しく嘔吐した瞬間、
医者は、隠し持っていたトカゲの死骸を、
あたかも吐瀉物から拾い上げたかのようにつかみ、
バンスに見せながら言った。

「ほらね。トカゲが出てきた。
もう呪いは解けましたよ!!」

すると、バンスは、みるみる回復し、
翌日には、元気よく退院していったのです。


とまぁ、信じがたいような話なのですが、
これ「実話」なんですって(笑)

バンスにとって「呪術師」の存在は、
現実的な力をもった存在であった為、
呪術師の放った言葉に影響を受けたのです。

また、どんどん具合が悪くなることは、
バンスの自己暗示の影響でもあります。

さて、今回のテーマでもある問い、
『呪術師は「言葉の力」で人を殺せるのか?』
の結論としましては、
「まぁ、殺せるかもね(笑)」なのです。


ここまで長々と呪術師の話をしてきましたが、
いったい何が言いたいのかというと、
「言葉の力で人は操れる」ということです。

勿論、他者を操るとなると、
バンスから見た場合の呪術師と同様、
社会的にも文化的にも権威がないと、
操るのは難しいです。


話は変わりますが、
「プラシーボ効果」という作用を、
耳にしたことがあるのではないでしょうか?

なんの効果もない薬を、
とっても有効な薬であると伝え服用させると、
症状が回復するというものです。

「呪いの言葉」は、この逆の作用で、
「ノシーボ効果」といいます。

この薬には、強い副作用があります。
と伝えられて服用すると、
なんの副作用もない薬でも、
具合が悪いと主張するというものです。


言葉の力だけで、他者を操ると言うのは、
出来なくもないですが、
かなり難しいのも事実です。

ところが自分自身であれば、
操ることは比較的容易かも知れません。

プラシーボ効果、ノシーボ効果も、
実態としては自己暗示でしかありません。

出来ると思えば出来る。
出来ないと思えば出来ない。
そんな意思の力が言葉を通して、
自分に影響を与えているのでしょう。

で、あるとするならば、
プラシーボ効果のように、
自分にとって有益な言葉を使って、
好循環を作り出したいですね。

 

-
--
----

過去のメルマガは、コチラから!!
http://www.cuore-up.net/index.php?topic=MailMag

 

◆◆◆◆◆◆◆◆

◆ お知らせ

◆◆◆◆◆◆◆◆

誠に申し訳御座いません。

しばらくセミナーは休講と致します。

懇親会的な感じの集いなら、
気まぐれであるかも知れません。

もし、こんなテーマでやって欲しい!
というリクエストがあれば、
遠慮なく、ご連絡下さいませ。

また、基本編をご希望の方は、
別途、ご都合など、個別でご連絡下さい。
日程等調整させて頂きます。

なお、ご連絡は、本メールの返信で大丈夫です。

重ねてお詫び申し上げます m(_ _)m

 

◆◆◆◆◆◆◆◆

◆ あとがき

◆◆◆◆◆◆◆◆

プラシーボ効果とは、かなり違いますが、
言葉の力を利用するという点では、
「宣言」が思いのほか効果ありです。

 「今日は定時で帰ります」
 「この仕事は○○時までに終わらせます」

宣言をすることで、
自分の意思の力が増すこともありますし、
他者が協力的になることもあります。

黙っていると解りませんが、
「言葉にする」ということで、
何かが変わることもあるようです。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.cuore-up.net/trackback.php?id=20160826114853351

【CuoreUp #083】呪術師は「言葉の力」で人を殺せるのか? | 0 コメント | アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。